DHA・EPAサプリの選び方初心者ガイド

トップページ
<体を健康に保つ働きがあるDHAとEPA>
DHAとEPAは、必須脂肪酸と呼ばれるものです。 自分では作り出すことができず、食品から摂取する必須脂肪酸となります。 脂肪酸という言葉を聞くと、脂を連想させるため、体に良くないのではないかと心配する人が多いのですが、必須脂肪酸の中のDHAやEPAは違います。摂取することで、健康を維持する働きをしてくれるのです。DHAやEPAなどの必須脂肪酸は体温で固まることがなく、サラサラの状態のままキープします。サラサラの状態で、良い働きをもたらしてくれるのです。 必須脂肪酸が不足すると、めぐりが悪くなるとも言われています。不足することで体調不良になりがちになりますので注意が必要です。

 DHA&EPA+セサミンEX
DHAサプリメントにおいて9年連続売上No.1!
9年連続売上No.1、愛飲者数100万人と、絶大な人気のサプリメント!
DHA・EPAを酸化から守る、セサミンとビタミンEを配合!
10%増量キャンペーン実施中!

DHA・EPAだけでなく、若々しい毎日に役立つセサミンとビタミンEもプラス!酸化しやすい(=劣化しやすい)という弱点を持ったDHA・EPA。この弱点から守ってくれるのが、セサミンとビタミンEなんです。健康パワーをしっかり届けられるこのサプリの人気は、売上実績と愛飲者数に表れています。さらに今なら10%増量キャンペーン中です!

DHA&EPA+セサミンEX詳細

 味の素KK「DHA&EPA」
食事での不足分をしっかり補える 味の素KK独自の配合バランス!
毎日続けやすいよう、お手頃な価格に設定!
毎日無理なく続けられるよう、飲みやすい植物性カプセルを採用!
独自に設定した厳しい基準に基づき、安心・安全の品質管理!

青魚に含まれるDHAを300mg、EPAを100mg、さらに“オメガ3系脂肪酸”であるα-リノレン酸を100mg配合。食事での不足分をしっかりと補える量として、1日あたり500mgを摂取することができます。酸化を防ぐためにビタミンEも配合しています。健康成分として可能性を拡げる“DHA”が、あなたの充実した毎日をサポートします。

味の素KK「DHA&EPA」詳細

 DHA・EPA・鮫肝
不足しがちな魚の栄養素を手軽に摂取!毎日健康に。青魚のサラサラ成分DHA
魚のサラサラ成分が生活習慣をサポート!
DHA&EPAの酸化をガードするビタミンEを配合!
「サラサラ」よりスムーズな流れをしっかりサポートします!

サラサラをサポートしてくれる「DHA」&「EPA」。イワシなどの青魚やマグロなどに多く含まれるサラサラ成分。必須脂肪酸と呼ばれ、私たちの体に不可欠なもの。体内では作り出すことができないため、積極的に摂ることが大切です。 動物性の油とは違い、常温でも固まらずサラサラしています。DHAやEPAは酸化しやすく、酸化すると本来の力が発揮されません。そこで酸化を守る成分のビタミンEを配合。本来の力そのままに、体の必要なところにしっかり届けます。

DHA・EPA・鮫肝詳細

<DHAとEPAの摂取量>
DHAもEPAも、青魚によく含まれており、魚を食べることで摂取することができます。 色々な健康パワーを発揮しますので、若い世代から食べ続けることが大切です。特に高齢者は進んで摂取するようにしましょう。DHAはうっかりやぼんやりが気になる高齢者にもおすすめです。

魚を食べると勉強に良いと言われているのはDHAが含まれているからです。DHAもEPAも共にサラサラ成分ではありますが、特にDHAが勉強を頑張りたい方、うっかりが気になる方に良い成分です。 最近では魚を好んで食べる人が少なくなってきているため、DHAやEPAの摂取量が必要量に足りていない傾向です。摂取量が足りないと、めぐりも悪くなりますし、勉強に集中することもできません。肉や油物が好きで食生活が乱れている方も、積極的に摂取したほうが良いでしょう。女性の場合、美肌にも良いので、最近調子が悪いと感じる場合、食事を見直してみるのもいいでしょう。

最近ではサプリメントがたくさん出回っていますから、利用することで簡単に摂取ができるようになるでしょう。DHAとEPAを摂取しなければならないからといって、魚ばかり食べ続けるのはいけません。偏った食事によって生活習慣病は起こりやすくなりますので、バランスのとれた食事の中に青魚を取り入れるような献立を目指してください。 元々、DHAは海藻類が多く保有しており、その海藻を魚が食べることで、魚にDHAが含まれているそうです。 グリーンランドの種族のイヌイットは魚を中心とした食生活をしているそうです。イヌイットは健康な人が多いと言われています。魚を中心とした食生活を送ることで健康な体を維持することができます。肉食が多い人は特に、毎食ではなくても進んで青魚を取り入れた食生活を送ってみましょう。 続けることで実感できていくことと思います。

青魚を部分的に食べるよりも、丸ごと摂取した方が効率よくDHAやEPAを体に取り入れることができます。最近では青魚を丸ごと使った調味料も販売されていますし、小魚を丸ごと揚げて食べることもよいでしょう。南蛮漬けなども丸ごと食べることができるレシピです。少しの工夫で、DHAとEPAの摂取量が増えますので試してみてください。 DHAとEPAは違う種類の必須脂肪酸ですが同時に摂取しやすいと言えます。 最近ではサラダ油にも含まれている物あります。それだけ不足がちであり、進んで摂取しなければならないものになりますので、自分から摂取を心掛け日々の食事に気を配ってみてください。

| 運営会社 |
Copyright(c) DHA・EPAサプリの選び方初心者ガイド 口コミ 評判 比較など. All right reserved.